読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み書き

読んだものについての覚書

『ウィトゲンシュタインセレクション』(平凡社ライブラリ)黒田亘(編)

ウィトゲンシュタインには、自分は哲学の仕事をしている人間だという自覚はある。だがそれが相当際どい仕方で際どい場所での仕事だったと思われ、逆に「哲学」という制度的な社会通念にまもられていなかったなら、常人的感覚からしてそれは変人のパフォーマンスにしか見えなかったんじゃないか。(それだけ、その具体的な考察は一見奇態でさえある。)

所謂「前期」から「後期」への言語観の変遷が、この本で自分に明瞭に読み解けたかと言えば、さにあらず。漠然としたイメージのまま、よくわからず。ただウィトゲンシュタイン自身、「前期」をすっぱり“誤謬”として転向したわけでなく、むしろ「後期」に於いてはそれを内在的に乗り越えなければならない問題として向き合っていた感は確かに読み取れる。

「後期」に於いてさえ、言葉の有意味性を対象と言語の素朴な結びつきに求める「私的言語」的観点をあっさり捨象出来ないのは、それが「語り得ない」事柄としてウィトゲンシュタインを捉えていたからじゃないか。だからと言ってそれは「示される」わけでもなく、「示される」のはただ人が言語ゲームを学び取っていく過程だけなのだ。世界の有意味性の核心かも知れない「私的言語」的領域は、「語り得ない」と共に「示され得ない」からこその、「後期」に於けるウィトゲンシュタインの呻吟なんじゃあるまいか。

ウィトゲンシュタインは、ここに読める限りでも、ときとして文脈から突飛にも見えるアフォリズムを書きつける。断言する(テーゼを提唱する)ことが哲学の仕事ではないと言いつつ、突然断言する。取り組む問題が、何より自分自身の(いわば私的言語的な)問題だったからじゃないか。