読み書き

読んだものについての覚書

『宮本武蔵』(青空文庫)吉川英治

序、はしがきから、地の巻、水の巻、火の巻、風の巻、空の巻、二天の巻、円明の巻まで、青空文庫で全8巻。巌流島での決斗を決着するまでを描く。

 

1935年から39年にかけて朝日新聞で連載されて戦雲ちかしい当時の時代的な空気の中、大人気を博した作品とのことで、確かに武蔵の哲学的述懐の中には国粋主義的観念に通じる言及があちこちで見られる。十五年戦争中に書かれた(いわゆる)「大衆小説」であるが故にか、剣の道の観念化がそのまま治国政経の哲学にも通じるかの如き描きかたをする。これを原作に物語を映画化した代表作には1961年から65年にかけての内田吐夢監督版『宮本武蔵』五部作があるが、その五部作はあきらかに「戦後」の作としての作劇の細部を具えており、それとの差異を意識すると、小説は確かに「終戦以前」の感覚でつづられている

終戦以前」。武蔵の求道的な自己実現的観念の道筋のさきに国粋主義的観念を想定してしまう時代性は、確かにある。確かにあるが、「戦後」に於いてそれが棄却されたあとに、では自己実現的観念の道筋のさきに、何が想定できるようになったのかと言えば、それはけっきょく自己実現のための自己実現という隘路でしかないのかも知れない。この小説の「序、はしがき」には、この小説がその一読者だったある画家を、一家心中目前の絶望から救いあげたという挿話が語られ、作者はその影響の甚大に恐縮の念を表明しているが、なぜそんな挿話が可能足り得たかと言えば、それはこの小説の物語がそれでも、信頼に価するように見える観念へと自己を結びつける物語足り得ていたからなのではないか。

内田吐夢監督版『宮本武蔵』は、あきらかに「戦後」の作として、その原作が含蓄している素朴な自己実現的観念に、現実の流血の重み、淀みを作劇の糧としてくわえることでより錯綜的な含蓄を実現したとは見えるが、「そのさき」は、描くことが出来なかった。この原作とて巌流島の決斗に於ける決着を以て物語の完としている点で何もかわりはしないが、青年がこころざしを抱いて自己を実現し得るという素朴な物語の型は何も疑われていないし、「そのさき」には、治国政経に通じる普遍が想定されていたことも判然としていた。

 

物語の前半と後半で、それぞれ武蔵に随伴する年少者の弟子、城太郎と伊織の存在は、一つには武蔵の求道をめぐる観念を具体的な言葉(セリフ)に約して表現するための狂言回し的存在でもあったのかも知れない。だが、巌流島の決斗に際して長岡佐渡が少年・伊織に「(ふたりの闘いを)よく見ておけ」と諭すところなどからすれば、彼らは物語を託すべき次世代の象徴でもあったことにはなるだろう。次世代に託すべき物語は、つまり時代を越えてつむがれるべき普遍を担っていなければならないが、それが「戦中」的な国粋主義的観念を喪ったとき、あとには何が遺ったのか。それが自己実現のための自己実現という隘路でしかなかったとすれば、このような物語を滅んだ虚構として退けることは未だできていないことになる。

 

***

 

小説的な筋書とは直接的には無関係に、しかし小説の書かれた時代のセンスを感じさせた描写としては、武蔵が自らの武芸に於ける思念を信念化しようとする過程に於ける、文言への洗練化の意識についての描写がある。ある程度収斂した思念をまず言葉に書き出し、しかし書き出すだけにとどまらず、その文言自体をさらに洗練化する。洗練化することは簡潔化につながり、いわば箴言的な体裁を文言が帯びていくことになるが、それが必要なのは、何よりその思念を信念化する過程でその具体的な文言を何度も心中、及び口中に繰り返し唱える為なのだ。何度も心中、口中に繰り返し唱える為にこそ文言は洗練化され、結果それは箴言的な体裁を帯びるという話なのだ。

漢文的な教養世界に於ける思想的文書がつねに箴言的な体裁の文体を呈しているのもその為なのだとすれば納得がいく。現代の西欧近代以後の読者が慣れ親しんだ言語自体のディテール描写に富んだ文体ではなく、簡潔な洗練された箴言が思想を蔵する文言として尊重され伝承されるのは、それが何より心中、あるいは口中に於いて文言として活用されんが為なのだ。そのようにして心身を介して思想を言葉として肉体化することが必要とされ、思想のディテールをも心身を介したあれこれの具体的な実践として肉体化することこそ、古典的な教養のありかただったということ。

武蔵が自己の思念を信念化するにあたり文言についてその知的な段階を踏もうとする描写は、そんな現在では省みられなくなったような時代的なセンスを示して興味深い。(古典的文書の素読こそ本来は教養の基礎だということは、たとえば小林秀雄もある対談の中で語ってはいた。)