読み書き

読んだものについての覚書

小説(日本)

『宮本武蔵』(青空文庫)吉川英治

序、はしがきから、地の巻、水の巻、火の巻、風の巻、空の巻、二天の巻、円明の巻まで、青空文庫で全8巻。巌流島での決斗を決着するまでを描く。 1935年から39年にかけて朝日新聞で連載されて戦雲ちかしい当時の時代的な空気の中、大人気を博した作品とのこ…

『野分』(インクナブラPD)夏目漱石

「坊っちゃん」に理智をくわえて世渡りを試みる大人にしたような道也先生に始まり、かつてその生徒だった貧乏書生の高柳君、富裕なその友人の中野君、あるいは道也先生や中野君の細君をも交えて話は進む。世間を席巻する「金」の道理に対する率直すぎる反感…

『草枕』(インクナブラPD)夏目漱石

仮想的な「画工」を狂言回しにした芸術論エッセイ。体裁は一応の筋書を有した小説だが、少なくともこの小説の書き手はエッセイストでしかない。本物の「画工」は労働者だろう。芸でも術でも、観念的な境涯に立つだけで成り立つもんではないのじゃないか。こ…

『坊っちゃん』(インクナブラPD)夏目漱石

文体は軽快。 気になるのはどうしてこんな人物を主人公に仕立てたかということ。直情径行を画に描いたような人物。まさしく画に描いたような。坊っちゃん、一人称で物語の主人公になっているが、あまり深刻に考えないで、只管馬鹿正直を貫く。周囲のアクショ…

『倫敦塔』(インクナブラPD)夏目漱石

夏目漱石が、倫敦塔の記憶を頼りに描く、幾幅もの幻想画。漱石が、生きねば、生きねばと直截な文言を連ねるのは意外。ここでの漱石にとって、「生きねばならない」という命題の基礎となるのは、思うとおり思うようにならざるまま生きることを強いられる、死…

『吾輩は猫である』(インクナブラPD)夏目漱石

言わば小説化された文明批評のエッセイなので、物語と呼ぶべきものは問題にならない。語り口の妙があって、言葉を乗せる文章の連なりが素朴に愉しい。明治人の文体センスによる機智と諧謔。漢語と和語が音読に適するリズムで織り込まれながら綴られる様子は…