読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み書き

読んだものについての覚書

『ウィトゲンシュタインセレクション』(平凡社ライブラリ)黒田亘(編)

ウィトゲンシュタインには、自分は哲学の仕事をしている人間だという自覚はある。だがそれが相当際どい仕方で際どい場所での仕事だったと思われ、逆に「哲学」という制度的な社会通念にまもられていなかったなら、常人的感覚からしてそれは変人のパフォーマ…

『論理哲学論』(中公クラシックス)ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン(著)、山元一郎(訳)

ここで案出されている独自の論理学的術語にはまずどうしてもなじみ難い。とくに論理式はほぼ全く解らずと言ってよい。 個人的な読みとして、やはり「世界」という(それ自体はそうとしか言いようもないような)実体を基盤にしてしか、その鏡像としての論理学…

『ウィトゲンシュタイン「論理哲学論考」を読む』(ちくま学芸文庫)野矢茂樹

『論考』の独我論に関する議論、それについての著者の理解には自分には疑問がある。少なくとも『論考』のウィトゲンシュタインはけっして著者の言うような「意味の他者」を拒絶するためにそれを考え抜いたのではなく、むしろ受容する為にこそ考え抜いたのじ…